ザガーロの処方は安全な医療機関で 

画期的な発毛新薬ザガーロをご紹介

ザガーロ(デュタステリド)とは、2015年の9月28日に認可されたばかりのAGA治療の為に開発された薬で、グラクソ・スミスクライン(GSK)社より今年の6月13日から処方が開始されている薬です。
このザガーロは、一般名はデュタステリドと呼ばれており、既に2009年に厚労省から前立腺肥大症治療薬として認可を受けている、アボルブカプセルと商品名やカプセルの見た目や色が異なるだけで薬の成分や中身は同じです。
お隣の韓国では、2009年にアボダートという名称で発売されており、今回韓国に次いで世界でまだ2番目の認可なので安全性に不安があるという人も居るかもしれませんが、もともとこの薬は既に102ヶ国以上で前立腺肥大症治療薬として用いられている物なので安全性という面ではほとんど心配する必要はないと言えます。
名前の由来は、究極などの意味があるZに男性型脱毛症のを意味するAGA、そしてスペイン語のような語感の良さとイタリア語でOで終わる名刺は男性を意味する事からLLOを付けて、ZAGALLOと名付けられました。
この薬の効能や効果は、先程から紹介している通り、男性型脱毛症に効き目がある薬です。
詳しい作用機序を簡単に紹介すると、AGAの原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)の生成するのに必要な5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)の働きを阻害する事でDHTの生成を抑制する事でAGA改善します。
AGAの先発薬として知られる、プロペシアと比較するとプロペシアは、1型と2型の2つあるとされる5α-還元酵素の1型の働きのみしか抑える事が出来ませんが、この薬は1型と2型の両方の働きを抑える事が出来るので、プロペシアよりもDHTの生成をより抑える効果が強いのが特徴です。
実際、アメリカで行われた臨床実験では1型の5α-還元酵素阻害効果はザガーロはプロペシアの3倍、2型に関しては100倍以上あるとの実験報告もあり非常に効果が期待出来ます。
この事から、デュタステリドは発毛効果が約1.6倍との報告がなされています。
ただし、このデータは24週までのデータとなっています。
26週時と52週時の検証結果もありますが、それによると20〜50歳の日本人の男性型脱毛症患者120例を対象に調査した所、26週時より52週時の方が増毛数が低下しているなど、長期間使用すると効果が薄れるとのデータもあります。
とはいえ、これは患者数が120例と少ないデータの範囲なので、個人によって差が出る事が予想されます。
前述したように、この薬は男性向けの脱毛症に効果があるもので、女性の脱毛症には効果がありません。
また、20歳未満の未成年に対しては有効性が確立されていないばかりか、安全性も確立されていない為に処方されません。
この薬は、すべての医院やクリニックで保険適用外の為、保険証や身分証などの提示は必要ありませんが、その反面一箱あたり30カプセル入りが9500円前後、5箱だと150カプセル入って4万5000円前後となっており、気軽に手を出せる価格ではないでしょう。
1日一錠の服用が目安となっているので、一ヶ月で一箱を消費する計算になります。
多くのクリニックでは、来院から実際に処方に至るまでに30分程度で済みますし、診察時間内に来院すれば予約なども必要はありません。
もし、もっと速く薬を受け取りたいのであれば、医院やクリニックによっては公式ホームページなどで問診票をインターネットでダウンロードする事が出来る場合もあるので、事前に記入してから来院するとよりスムーズに受け取れます。

画期的な発毛新薬ザガーロをご紹介 | 服用時に心がけること

ザガーロ 処方 | 総合頭髪治療症例集